プロフィール

アーキテクチャーリンクライフ㈱
(通称:ALL)
天然の素材にこだわり、夏涼しく冬暖かい、高耐震性・高耐久性の注文住宅『ALLの家』。
京都・大阪・兵庫など関西を中心に完全自由設計・責任施工・アフターメンテナンスを手掛けています。
ALLを支えるスタッフが日常を気まぐれに綴っていきます。

篠田 潤
篠田 陽子
永友 達也
光富 宏治
谷 帆奈美
井内 優子
小山 賢二
西野 真祐子

  • facebook
  • twitter
  • RSS

篠田の視点

アーカイブ

検索

ブログを検索:

2010年11月20日

ILIOSマンション進捗状況

順調に工事が進んでいるILIOSマンションの進捗状況をUPします。

>>前回の書き込みはこちらから

 

 

コンクリート打設前に設計指示通りのコンクリートが納品されているか
確認したところです。

 

 

 

 

1階の柱と壁、天井の工事に取り掛かりますが、
まずは柱の鉄筋組から始まります。

 
柱の鉄筋は縦に長いので作業を容易にする為に
所々に背の高い脚立が設置されています。

 

 
1階壁の配筋工事を行っています。

 

 

窓を設置する場所に型枠の施工を行なっています。

 

 

換気扇の配管が壁を貫通して通る場所には
写真上部の様にあらかじめ丸い管(スリーブ)を入れておきます。

 
こうする事により出来上がったコンクリートに配管を通す為の
丸い穴を空ける事が出来ます。

 

 

 

型枠を建てる前の1階共用廊下の様子です。

 

 

 

型枠を建てるとこんな感じです。

 

 

外部には足場の組立を行なっています。

 

 

壁の型枠の進捗状況です。

 

 

2階床スラブの型枠を組み始めました。
スラブとは床版の事で一般的に鉄筋コンクリート造の建築物において、
床の荷重を支える構造床の事を指します。

 

 

 

スラブ配筋が完了した段階で『建築確認申請の中間検査』を行ないました。
主に鉄筋の本数や材種、型枠の精度等の確認をします

 

 

 

コンクリート打設がはじまりました。

 

 

 

1階壁・柱のコンクリートを充填した後は2階床に流し込みます。

 

 

投稿者: ALLSTAFF 日時: | パーマリンク |  ブログ