プロフィール

アーキテクチャーリンクライフ㈱
(通称:ALL)
天然の素材にこだわり、夏涼しく冬暖かい、高耐震性・高耐久性の注文住宅『ALLの家』。
京都・大阪・兵庫など関西を中心に完全自由設計・責任施工・アフターメンテナンスを手掛けています。
ALLを支えるスタッフが日常を気まぐれに綴っていきます。

篠田 潤
篠田 陽子
永友 達也
光富 宏治
谷 帆奈美
井内 優子
小山 賢二
西野 真祐子

  • facebook
  • twitter
  • RSS

篠田の視点

アーカイブ

検索

ブログを検索:

2010年9月21日

現場進捗状況NF邸

7月にもご紹介いたしておりました京都府NF邸の進捗状況をUP致します。

柱配筋組の様子です。

 

 

壁配筋の施工を行なっているところです。

 

 

 

壁配筋が完了したところから随時型枠組を行なっていきます。

 

 

スラブ枠の施工の様子です。写真は車庫天井部になります。

 

 

スラブ枠はこのように多くの支柱に支えられています。
コンクリート打設後は約1ヶ月の養生期間を経た後に解体を行ないます。

 

 

梁材の鉄筋組の様子です。
梁材に使用されている鉄筋は通常よりも太い材料が使用されています。

 

 

 

 

梁の鉄筋組を終えると次にスラブの鉄筋組を行なっていきます。
併せて電気・設備業者さんも先行配管を行ないます。

 

 

 

鉄筋組が終わるといよいよコンクリート打設ですが、
仕上がり面が綺麗になるように型枠の洗浄をしっかりと行ないます。

 

 

 

地下のコンクリート打設を行ないました。

 

 

 

下まで流れてきたコンクリートが蜜実になるように
地下部でも型枠に振動を与える作業を行ないます。

 

 

 

最後に地下天井を打設して完了です。

 

 

 

壁部分の型枠の撤去を行ないました。
スラブ(地下天井)部は現状のままとし、十分硬化させて強度を発生させます。

 

 

 

地下壁の地中部分の防水を行いました。

 

 

 

地下部分以外の木造部基礎工事を行っていきます。
こちらは掘削工事の様子です。

 

 

木造部分の基礎の型枠組の様子です。
大掛かりな基礎工事もいよいよ終盤に差し掛かってきました。

 

 

 

木造基礎コンクリートの打設を行ないました。

 

 

 

基礎立上り部の型枠解体を行ないました。

 

 

 

型枠撤去後には土の埋め戻し作業を行ないます。

 

 

「段取り八分 仕事二分」と良く言いますが、

建築工事は段取りがとても重要です。

 

 

事前準備が遅れて工事がストップしないように、

綿密なスケジュールを立て、

関連業者さんと密な打合せを行っていきます。

 

 

設計者ばかりが注目されがちですが、

現場で働く皆さんの、この地道な努力の積み重ねがあって

初めて形になっていくのです。

 

 

今年の夏は特に暑かったですね。。

少し外に出ているだけで、汗ダクになるのに、

暑い中で、一生懸命働いてくださる職人さん、現場マンの姿を見ると、

まるで過酷な修行のように思えて、本当に頭が下がります。

 

 

NF邸の完成予定はこんな感じです。

 

 

内観CG

 

 

外観CG

 

 

皆さんの頑張りが形になるなんてとってもステキなことです。

完成が待ち遠しいです!

投稿者: ALLSTAFF 日時: | パーマリンク |  ブログ