プロフィール

アーキテクチャーリンクライフ㈱
(通称:ALL)
天然の素材にこだわり、夏涼しく冬暖かい、高耐震性・高耐久性の注文住宅『ALLの家』。
京都・大阪・兵庫など関西を中心に完全自由設計・責任施工・アフターメンテナンスを手掛けています。
ALLを支えるスタッフが日常を気まぐれに綴っていきます。

篠田 潤
篠田 陽子
永友 達也
光富 宏治
谷 帆奈美
井内 優子
小山 賢二
西野 真祐子

  • facebook
  • twitter
  • RSS

篠田の視点

アーカイブ

検索

ブログを検索:

2010年7月16日

現場進捗状況SK邸

京都市左京区のSK邸の進捗状況をUP致します。

地盤調査の様子です。建物の4つ角と中心の計5ヶ所を測定していきます。

 

 

 

 

地鎮祭を6月中旬に行いました。(神職による地鎮の儀の様子です)

 

 

写真に写っている白い箱(鎮め物)は建物本体の基礎下に埋納します。

地下を掘削する為山留工事を行っています。

 

 

オーガー(大きなドリル)のついた重機で土を掘削し、

計画箇所に鉄鋼柱(H型鋼)を埋設していきます。

 

 

 

掘削した穴には液状のセメント(セメントミルクといいます。)と土を攪拌し、

その中に鉄骨の柱(H型鋼)を挿入し固めていきます。

 

 

 

「矢板」とよばれる板材を間に入れる事によって、土が崩れ落ちてくるのを防ぎます。

 

 

 

掘削の深さは地面から約3mになります。

 

 

 

掘削が完了し地盤に砕石敷きを行っています。

建物中央に地鎮祭で頂いた「鎮物」を埋納しました。

 

 

 

捨てコンクリート打設後、建物の位置を正確に出す為に墨出しを行っています。

捨てコンクリートとは墨出しをする為、

基礎底面にコンクリートを平らに打設(流し込み)したものです。

 

 

 

 

地下壁の防水工事を行う為、下地(鉄筋)の取付を行っています。

東西の壁面は作業スペースが無いので、

矢板面に防水処理を行い地下水の浸入を防ぎます。

 

 

 

 

地下壁面の防水処理(グレーのシート)を行った後、

コンクリート型枠を取り付けする金物(セパレーターと言います。)を取付しています

 

 

 

地下部分の鉄筋組が始まりました。

長さや太さの違う様々な鉄筋が搬入されています。

 

 

 

 

地下RC部分の鉄筋組を行っています。

構造計算により各部位の鉄筋の径や本数、位置が決まっていますので、

それに合せて1本1本正確に組み上げていきます。

 

投稿者: ALLSTAFF 日時: | パーマリンク |  ブログ