プロフィール

アーキテクチャーリンクライフ㈱
(通称:ALL)
天然の素材にこだわり、夏涼しく冬暖かい、高耐震性・高耐久性の注文住宅『ALLの家』。
京都・大阪・兵庫など関西を中心に完全自由設計・責任施工・アフターメンテナンスを手掛けています。
ALLを支えるスタッフが日常を気まぐれに綴っていきます。

篠田 潤
篠田 陽子
永友 達也
光富 宏治
谷 帆奈美
井内 優子
小山 賢二
西野 真祐子

  • facebook
  • twitter
  • RSS

篠田の視点

アーカイブ

検索

ブログを検索:

2010年7月16日

現場進捗状況NF邸

こちらは、京都府のNF邸の様子です。

今回は、地下の工事を一挙にUPしていきます!

 

 

 

 

6月中旬に地鎮祭を行い、無事着工致しました。

まずは地下鉄筋コンクリート部分の工事に伴い掘削作業を行なっていきます。

 

 

 

 

山留工事を行っていきます。

山留工事とは、地下部分を掘削していく際に

廻りの残った地盤の土が敷地内に崩れ落ちないようにする為に行う工事です。

 

 

 

 

オーガー(大きなドリル)のついた重機で土を掘削し、計画箇所にH鋼を埋設していきます。

 

 

 
H鋼を埋設した後に『矢板』とよばれる板材を施工する事によって

土が崩れ落ちてくるのを防ぎます

掘削した土と地盤改良用の固化材(グレー)を重機にて混ぜ合わせます。

 

 

 

 

地盤改良を終えると次に掘削工事を進めていきます。

 

 

遺跡の発掘調査みたいですね。

捨てコンクリート打設後、建物の位置を出す為に墨出しを行ないます。

 

 

 

地下RC部分の鉄筋組が始まりました。

 

 

 

 

 

コンクリート流し込み(打設)の前に、

現場に納品されたコンクリートの検査を行ない、

設計指示通りのコンクリートである事を確認しているところです。

 

(写真は現場担当の伊勢さんです)

 

 

 

コンクリートを打った部分(写真下部)が

少しずつ白色に変わってきて既に硬化が始まっているのが分かります。

コンクリートの上に建物の位置を出す為に墨出しを行ないます。

 

 

RC床部の作業が完了したので埋め戻しを行なっています。

 


これまで行った地下階の大掛かりな工事が跡形も無いように、

見えなくなりましたね。(あたりまえのことですが。。)

投稿者: ALLSTAFF 日時: | パーマリンク |  ブログ