プロフィール

アーキテクチャーリンクライフ㈱
(通称:ALL)
天然の素材にこだわり、夏涼しく冬暖かい、高耐震性・高耐久性の注文住宅『ALLの家』。
京都・大阪・兵庫など関西を中心に完全自由設計・責任施工・アフターメンテナンスを手掛けています。
ALLを支えるスタッフが日常を気まぐれに綴っていきます。

篠田 潤
篠田 陽子
永友 達也
光富 宏治
谷 帆奈美
井内 優子
小山 賢二
西野 真祐子

  • facebook
  • twitter
  • RSS

篠田の視点

アーカイブ

検索

ブログを検索:

2010年10月12日

現場進捗状況SK邸

建築中のSK邸のご報告です。いよいよ大工工事に突入です。

前回の書き込みはこちらから>>

 

 

建て方(木造軸組の柱、梁を組み上げて棟上まで行うこと)を行う前に
材料搬入を行い、土台敷きを行っているところです

 

 

 

 

搬入された木材は、京都府内(京北産)のヒノキです。

 

 

建て方がはじまりました。ここから一挙に建物が立ち上がります。

 

 

 

 

 

 

床梁の上に床下地合板を張っています。
床下地合板(厚さ28mm)は、建物の水平方向の力に対しての強度を高めます。

 

 

小屋梁の上に屋根を形成する小屋束(短い柱)と
母屋(小屋束の上に取り付く横材)を取り付けしています。
だんだん屋根の形が出来てきました

 

 

屋根の垂木(野地板を支える木材)を架けています。
とっても美しいですね。

 

 

上棟が終わると、外部足場にシートをつけ、内部工事が進みます。

上棟式の飾りつけ 吹流し(天の矢・地の矢)を付けました。とても立派ですね。

 

 

秋晴れの中、無事上棟祭が執り行われました。

 

 

外壁には構造パネル(ケナボード)を張っています。
ケナボードは強度と、外壁の中の湿気を吐き出す通気性を持ち合わせた優れた材料です。

 

 

篠田社長が現場を確認しているところです。
棟梁を交えて打合せを行いました。

 

 

屋根野地板の上にアスファルトルーフィングを敷き込みました。
これで、屋根からの雨の進入を防ぐ事が出来ます。
このアスファルトルーフィングの上に、金属屋根葺きを行います。

 

 

木製玄関ドアと木製サッシが届き、搬入しました。
無垢材でとても重量があり、大工さんと5人がかりでトラックか降ろし、クレーンにて運搬しました。

 

 

2月完成の予定で、工事は順調に進んでいます。

さて、お施主のHさまから素敵な秋の味覚を頂きました。

 

 

 

 

包みを開けるなりビックリ!

大きな栗とホウズキトマトです。

 

 

ホウズキトマトは、黄色い実からは想像できない位

甘くフルーティで美味しいですね。

 

 

秋の訪れを感じさせていただき、ほっこりしました。

Hさまいつもありがとうございます。

投稿者: ALLSTAFF 日時: | パーマリンク |  ブログ