プロフィール

アーキテクチャーリンクライフ㈱
(通称:ALL)
天然の素材にこだわり、夏涼しく冬暖かい、高耐震性・高耐久性の注文住宅『ALLの家』。
京都・大阪・兵庫など関西を中心に完全自由設計・責任施工・アフターメンテナンスを手掛けています。
ALLを支えるスタッフが日常を気まぐれに綴っていきます。

篠田 潤
篠田 陽子
永友 達也
光富 宏治
谷 帆奈美

  • facebook
  • twitter
  • RSS

篠田の視点

アーカイブ

検索

ブログを検索:

2006年7月11日

家族と一緒に暮らす木

「森をたてよう」―私たちの想い

本日は枚方のI様のご自宅へ、お庭の樹木剪定のため下見に行って参りました。
ご依頼主のI様は樹木を家族のように愛していらっしゃり、枝葉をむやみに落としてあげるのが
かわいそうだと仰っていました。私も本当にその通りだと思います。
玄関に立つモチノキとキンモクセイは家族と一緒にその家に住む住人で、いつも家族の心を
癒してくれるのです。とってもとっても素敵な木でした。

家づくりに使う木も同じだと思います。外国のどこの山から切ってきたのか分からない木を、
そしてどこかの国の環境破壊をしているとも知らずに、少々安いから使ってしまうのは、
本当に残念なことです。

海外からくる木材は、日本国内に入れる際に3日間ガス室に入れて、害虫のたまごを殺します。
なぜなら、海外の虫が国内に入って生態系が崩れては困るからです。
木材は多孔体で呼吸をしていますから製材してもガスを十分に吸い込んでいます。
その木材で家を建てて、木が吐いたガスを人間が吸い込むという悪循環を引き起こします。
体の弱い子供達にはとても危険なことです。

生産者が見える木材を使うことは、当然のことのようですが、とても難しいことなのです。
私たちは「森をたてよう」をキャッチフレーズに、構造材に国産間伐材を使ったり、
室内に使用する木材も出来るだけ産地にこだわって使っています。
そして、建築現場で余った端材を幼稚園などで活用いただき、木工教室を開催しています。

HOPの木工教室~端材を選ぶ子供達~木材提供先を募集しています。

投稿者: ALLSTAFF 日時: | パーマリンク |  ブログ