プロフィール

アーキテクチャーリンクライフ㈱
(通称:ALL)
天然の素材にこだわり、夏涼しく冬暖かい、高耐震性・高耐久性の注文住宅『ALLの家』。
京都・大阪・兵庫など関西を中心に完全自由設計・責任施工・アフターメンテナンスを手掛けています。
ALLを支えるスタッフが日常を気まぐれに綴っていきます。

篠田 潤
篠田 陽子
永友 達也
光富 宏治
谷 帆奈美

  • facebook
  • twitter
  • RSS

篠田の視点

アーカイブ

検索

ブログを検索:

2019年7月10日

京都市右京区O邸-3

北山仮店舗営業に向けて、気分だけ焦っています。

取り急ぎ、事務所前に看板設置しました。

(←大分外壁よごれてますね)

「あれ?ここにあった住宅会社つぶれたの??」と思われないようにしなくてはなりません。

絶対戻ってきますからね!

 

 

 

さて、京都市右京区O邸の進捗状況です。

 

前回の書き込みはこちら>>

 

外壁の構造用合板張りを行なっています。内部では平行して構造用金物の取り付けも行っています。

 

床を作る前に先行して給排水の配管を行っています。
水色の配管が給水、ピンク色が給湯、グレーの配管が排水です。

 

現場は外壁構造用合板、構造金物の取付を行なっています。

 

外壁の構造用合板貼り、筋交い(柱間に入っている斜めの木材)や構造金物の取付も行なっています。

 

構造用合板張りが完了しましたので、外壁全体に透湿防水シート張りを行ないました。
これで、建物内に雨が入ってくる事はありません。この後、サッシの取付を進めて行きます。

 

構造用合板貼り、筋交い(柱間に入っている斜めの木材)や構造金物の取付が完了しましたので、

建築確認申請の検査機関と瑕疵担保責任保険の検査機関による中間検査が行われました。

 

1階床下に断熱材(グラスウール)を入れています。
土台と大引の間に100ミリと、その上の根太との間に50ミリの合計150ミリの厚さで断熱材を入れます。寒冷地仕様の性能で建物内の断熱効果は抜群です。

 

1階床下の断熱材(グラスウール)入れと気密シート貼りが完了し、床仕上げの下地となる合板貼りを行ない、

これで1階も歩き易くなりました。サッシの納品もされました。

 

サッシの取付と外壁の断熱材(グラスウール)入れを行なっています。

 

玄関ドアの取り付けも完了し、間もなく作業時間以外は建物内に入られない様に戸締りが出来るようになります。

 

2階もサッシ取付が完了し外壁の断熱材(グラスウール)入れを行なっています。
床下地合板の上に防音対策として遮音シートを敷きその上に石膏ボードを貼りました。
これで床下地が完了しましたので、この上から仕上材のフロアを貼ります。

 

 

これから暑くなりますが、工事は順調に進んでいます。

 

ALL陽子

 

 

 

投稿者: ALLSTAFF 日時: | パーマリンク |  ブログ