プロフィール

アーキテクチャーリンクライフ㈱
(通称:ALL)
天然の素材にこだわり、夏涼しく冬暖かい、高耐震性・高耐久性の注文住宅『ALLの家』。
京都・大阪・兵庫など関西を中心に完全自由設計・責任施工・アフターメンテナンスを手掛けています。
ALLを支えるスタッフが日常を気まぐれに綴っていきます。

篠田 潤
篠田 陽子
永友 達也
光富 宏治
谷 帆奈美

  • facebook
  • twitter
  • RSS

篠田の視点

アーカイブ

検索

ブログを検索:

2019年5月22日

京都市右京区O邸-2

右京区で建築中のO邸の進捗状況です。

 

前回の書き込みはこちら>>

 

基礎工事に着工致しました。

 

建物の位置を正確に出すために、捨てコンクリートを打設しました。

 

外周周りの基礎の型枠起こしを行い、鉄筋の配筋を行いました。

 

耐圧盤の鉄筋組が完了した段階で「瑕疵担保保険」による配筋検査が行われます。
鉄筋や地盤調査の資料など細かな確認が行われましたが、施工に問題が無い事を確認して頂きました。

 

耐圧盤のコンクリート打設を行っています。

 

基礎の立ち上がり部分のコンクリート打設が完了しました。
強度が出るまでこのまま養生を行います。

 

基礎の立ち上がり部分の型枠を完全に脱枠しました。

 

基礎の上に柱を立てるための土台を敷いていきます。

 

いよいよ建て方がはじまりました。

 

レッカーを使用して、1階の柱に2階床梁や胴差と呼ばれる横架材が架けられていきます。

 

1階の梁組を終えた後、一度柱の垂直を確認し、2階の床下地に28ミリの合板を貼っていきます。

 

1階と同様、2階の柱を立て、小屋梁を組み上げていきます。

 

無事に棟が上がりました。

 

木(スミギ)と垂木(タルキ)が取り付けられていきます。

 

南面(庭側)からの様子です。

 

北面からの様子です。
無事に建て方が完了しました。

 

大屋根の野地板の上にアスファルトルーフィングを敷いています。
アスファルトルーフィングとは、アスファルトをシート状にした防水材のことで
この防水材の上に屋根材のガルバリウム鋼板を葺くことで、屋根の防水を確かなものにします。

 

外壁廻りに構造用合板『ダイライト』を貼っています。

 

サッシ取付部分の廻りの開口下地を行っています。

 

 

Oさまは京都新聞の家づくり講座にご参加されたのがきっかけで、

ALLにご相談をいただくことになりました。

 

 

そういえば、

今年もやります!京都新聞文化センター主催「家づくり講座」

2019年9月21日(土) 14:00~

 

とりあえず日程だけは決まりました。詳細は近くになってからUP致しますね!

 

 

ALL陽子

 

 

 

投稿者: ALLSTAFF 日時: | パーマリンク |  ブログ