ALLの家づくり

高級住宅と呼ばれるわけ

要素

外観

私達の考える高級住宅とは、四季の移ろいを味わう余裕、心の豊かさを感じられる家です。
お施主様が納得する家のカタチをつくりつづけた結果、
いつのまにか高級住宅と呼ばれるようになったのです。

ALLの家は高そうとよく言われます。

室内

確かに、建売住宅や賃貸マンションのような価格ではご提供できません。

しかし、私達の考える高級とはどういうことなのかを知ってください。
単に価格が高い、見た目が派手ということではありません。
時間を経て味わい、旨みを増す 醸成するもの、
自然の一部を切り取って、ありがたく頂いて、くらしの中に取り入れる。
その、こころの豊かさ=高級だと考えます。

工業製品とは違った本物の味わいを選びたい

仕上素材は空間デザインを決める重要なポイントです。
壁にクロスを貼るか、珪藻土を塗るか、石貼りにするか、、、費用も仕上がりも違うため、迷われるお客さまは沢山多くいらっしゃいます。
実際に、プランが決まり、打合せを重ねるうちに天然素材に変更するお施主様も多いことは事実です。
石にしても、木材にしても、自然が作り出した造形はひとつとして同じものがありません。
工業製品のような人間の力で作り出されるものではなく、自然界が時間をかけて作り出したものを自分の空間に取り込みたい
それこそが贅沢だと思います。

お客様の数だけ坪単価が存在します。

ALLは坪単価お幾らですか?とよく聞かれますが回答に困ってしまいます。
そもそも坪単価は、「建築費用÷坪数=坪単価」です。
建築費用に何が含まれているのかによって坪単価は上がったり下がったりするのです。
坪数が一緒の同一敷地であっても住宅の形状、ご要望によって坪単価は全く違うのです。

たとえば、同じ建坪であっても、居室全てをクロスにした場合と、珪藻土や石貼りにした場合では大きくコストが変わってきます。
キッチンやお風呂などの住宅設備機器を国産メーカーのユニット商品を選択した場合と、
フルオーダーや、海外製品にした場合とでは全く変わってくるのです。
居室はどうしても珪藻土がいいけれど、クローゼットや普段使わない客間はクロスでいいかなー・・・など、
お客さまにメリハリをつけて選択いただきながら進めることが多いです。

といっても、難しいかもしれません。

新築の場合、大手ハウスメーカーで建築する位のご予算をお考えであれば一度お問合せ下さい。
出来る限りご対応いたします。

  • 施工事例
  • 施工事例
  • 施工事例
  • 施工事例
  • 施工事例
  • 施工事例
  • 施工事例
  • 施工事例