ALLの家づくり

ALLの違い

要素

外観

私達が建てさせていただく住宅は一つとして同じものはありません。
しかし、おかげさまでお客の皆様には大変ご満足いただいていると自負しています。

完成した家に対する満足もそうですが、家づくりのプロセスも楽しんでいただけるよう努力しています。
私達ALLが普段いつものように行っていることを皆様にもご紹介したいと思います。

お客様との出会い

ALLとの出合いのきっかけは様々です。ネット検索や、知り合いの紹介、事務所前を通りかかった、
たまたま工事現場を見かけたetc・・
その後、資料請求をいただき、興味を持ってくださった皆様には一度御来社いただいています。

はじめての御打合せ

はじめての御打合せでは、家族の構成やどのような暮らしがしたいのか、家族との関わり方、趣味、将来設計など、雑談を交えてお伺いいたします。
そして、ALLの家づくりの考え方、家づくりの流れなどについてお話いたします。
それから、ALLが絶対に譲れない部分についてもお話させていただきます。
それは、新建材は使わないこと、手広く適当な工事はしないこと、心の通わない人とお仕事はしないことです。
安いからといって体によくない材料を使いたくありませんし、お客様の顔が見えない、心の通じ合わない家を造ることは私達の本望ではありません。

時には、初めてお会いしてから着工までに数年かかる場合もあります。
家族構成の変化などを見通して、もう少し時間を置いてから計画し直した方が、ご家族にとって良いのではと提言することもありますし、弊社のキャパシティオーバーでお待ちいただくこともあります。
年間10棟程度ですが、きめ細やかな打合せを重ね、お客様には最高の家づくりを体験していただきたいという想いからです。

外観

プラン前の事前調査

建築予定地を確認し、建築法規チェックの上、ラフプラン作成に取り掛かります。
この事前調査は、お客様が気持ちよく毎日を過ごせる環境を実現するためにとても重要です。
周辺の環境、時間帯による光の入り方や風の通り方、道路の交通量などを確認しプランに反映するため、何度か建築予定地を訪れ、最良のプランを作るための事前調査を行います。

プランのご提出

お客様によってプラン回数も打合せ回数も全く違います。
1回目のプランで決定する場合もありますし、何度も何度も検討を重ねる場合もあります。
プランを書く際には、プラン前打合せでお伺いしたお客様のご要望と、土地の事前調査で明らかになった情報を総括して検討し、
建築予定地に一番良いと思われるプランを作成します。
お客様によりイメージしやすくしていただくために、手書きプラン、スケッチ、パースや、CG、模型、過去の実例写真などを準備し、御打合せを重ねていきます。

スケッチ

模型

お見積の提出

プランが決定するといよいよ見積にとりかかります。
まず、各部屋の床・壁・天井の仕上げや床暖房・エアコンなどの設備、外壁の仕上げや外構など、セクションごとに見積の根拠となる内容を相談しながら決定します。決まった選択肢から選んでいただくわけではありませんので、自由な意見をお聞きします。
かなり詳細に見積りますので、見積書の完成には大体1ヶ月程かかります。
見積金額が予算を超過している場合は、仕上げを変更するか、減額に働くようにプランを少し調整するかを相談します。
この作業を何度か繰り返し、プランと金額が確定します。
(ローンをご検討の方には直接銀行担当者などの専門家をご紹介します。)

ご契約意志の確認

プランとお見積に十分にご納得いただいた上で意志を確認させて頂きます。

ご契約図面の作成

建築確認申請用の詳細図面を作成します。構造によっては少し長くお待ちいただく場合もあります。

ご契約

契約をせかした交渉は一切行いません

模型

納得した上での契約をしていただくために、「月末までに契約いただければ割引します!」など、
契約をせかすような交渉は一切行いません。詳細図面と見積書を元に工事請負契約を締結いたします。

建築確認申請

建築確認申請を行います。工事着工の段取りを進めて参ります。

地鎮祭・上棟式

模型

着工前には地鎮祭を執り行います。
地鎮祭を省略したり、テントを張らず神主様もお呼びせず簡易な地鎮祭が行なわれているのを見かけますが、
ALLは地鎮祭を大切に考え厳格に行いたいと考えています。上棟した後は、上棟式を執り行い、無事上棟したことを氏神にご報告し感謝の意を表します。
この時、お施主様のお名前と日付を墨でしたためた棟札と御幣を小屋裏に納める儀式も行います。
また着工前には近隣住民へ着工のお知らせを兼ねてご挨拶に伺います。
着工前打合せでは竣工までの工事スケジュールと、詳細を確認していく「実施打合せ」のスケジュールをご提示させていただきます。

着工

工事の進捗状況に合わせた随時打合せ

模型

契約の段階で提示されている設計図面は専門家が住まい手の希望、ご予算、動線を熟慮して設計されています。
住設器機(お風呂、トイレ、キッチン)、タイル、スイッチやコンセントの位置、照明、カーテン、など「契約当初はこれで良かったけど、やっぱりこっちの方が素敵だなぁ」などと、建築が進むにつれ具体的なイメージも膨らみやすくなり、審美眼もあがってくるものです。
ALLは建築工事の進捗に合わせて随時打合せを行い、進化していくお客様の「住みたい家」のイメージに少しずつ近づけていく努力をします。

工事中にも現場キーをお渡し、いつでも工事現場を確認できます

模型

竣工すると仕上げで隠れてしまう部分がどうなっているのか、細部までじっくりご覧いただくことはとても大切です。
お客様には現場キーをお渡しし、朝昼夜祝日いつでも見学していただけます。
お施主様が建築現場に自由に立入ることができるなど、建築業界では大変珍しいことです。ALLが自信をもって建築を進めている証です。(安全にはご注意いただく必要があります)

お客様掲示板で進捗をリアルタイムに報告、現場担当と直接打合せできる

模型

インターネット上で進捗状況を確認できるお客様掲示板は、工事を担当する現場監督が自ら撮影した工事進捗写真と、コメントを掲示。最新の進捗状況をレポートします。
写真を見て湧く質問や感想などは、お客様掲示板内でメールを送信できるようになっています。
竣工後には、これまでの履歴をCDにしてプレゼントいたします。
(お客様掲示板へのアクセスはオーナーごとに発行するIDとパスワードを打ち込まなければ閲覧できないようになっています)

お引渡し

建築後も一生続くALLとの関係

模型

家の事でお困りのことがございましたらご一報下さい。「担当者が不在でたらい回しに合う」など一切ありません。
お客様との打合せ内容やお問い合わせ情報は、独自の日報システムを使って年月日まで詳しく記録し、スタッフ全員で共有しております。
毎度毎度のことですが、お引渡しはわが子を手放すような、とっても切ない気持ちになります。
建築中は、私たちがお客様を建築現場からお見送りしていたのに、今日からはお客様が私たちを見送って下さいます。

お施主様同士もつながるALLお施会

建築後も一生続くALLとの関係

模型

毎年ALLで家を建ててくださったお施主様が参加する「お施会※BBQ大会」を開催しています。
建てて終わりではない一生のお付き合いが始まります。
※「お施会(おせっかい)」はお施主の原田様が発案、発起人となり設立されました。
お施主同士の交流を図り、ALLにお節介をやくという意味から「お施会(おせっかい)」と名づけられました。

ALLとお施主様を繋ぐ「お施会」