プロフィール

アーキテクチャーリンクライフ㈱
(通称:ALL)
天然の素材にこだわり、夏涼しく冬暖かい、高耐震性・高耐久性の注文住宅『ALLの家』。
京都・大阪・兵庫など関西を中心に完全自由設計・責任施工・アフターメンテナンスを手掛けています。
ALLを支えるスタッフが日常を気まぐれに綴っていきます。

篠田 潤
篠田 陽子
永友 達也
光富 宏治
谷 帆奈美

  • facebook
  • twitter
  • RSS

篠田の視点

アーカイブ

検索

ブログを検索:

2013年3月9日

職業病

 

 

 

 

「これって自分の職業病だわ」 なんて自覚することありませんか。

 

 
私の主な仕事は設計図面を描くことですが、

建築士のそれも結構面白いんですよ。

 

 

たとえば、”建築家○○設計の美術館”とか、ちょっと話題の建物を見に行くといるんです。

・・・職業病を煩ってる人たちが。

 

美術館で、作品を見ず作品の向こう側や、照明、壁と床の際、階段、サッシ廻り、

つまり隅っこのディテールばかり見てる人は間違いありませんね。

ちなみにクロス屋さんは店に入って、まずはメニューではなく壁をにらみ、

「合わせがあまいな・・・」とつぶやいたりするらしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の場合は、住宅街散策、住宅街見学?いや、住宅街探訪でしょうか。

 

気になる通りを見つけるとつい入り込んでしまう。

あっちにふらふら こっちにふらふら、

ちょっと戻って覗き込んで写真を撮る。

 

言ってみれば完全に不審者です。

ドロボウの下見に見えないとも限らない行動ですけど、

でもこれがどんな世界遺産を見るよりも面白いっ!!!

ドドン!!!(太鼓の音)

 

これが外国ともなると、環境や文化の違いが加わってさらに血が騒ぐ。

もう~~~おちおちお茶も飲んでられません。  。゜゜(´□`。)°゜。

 

 

 

 

 

 

 

さて、そんなこんなでここからが本題、

先日は会社にお休みをいただきまして、古巣のシドニー弾丸旅行に行ってまいりまして、

(塗装のハゲたコアラと、目の据わったカンガルーの調味料入れ)

 

 

今回もこれまでに足を踏み入れたことのないエリアに出向き、

すがすがしく不審者をしてまいりました。

 

 

 

 

 

 

 

シドニーでも京都西陣の町家をリノベーションして、おしゃれに生まれ変わりました的なところがあります。

 

 

今回はその過程にあるらしきところ。

建築に関する情報閲覧と、異議申し立てについての連絡先の看板

こんな黄色い看板や、

 

 

 

設計事務所の看板がみかけられました。

 

 

 

 

 

 

 

さて建物は、

昔ながらのアイアンレースの町家

エントランスは狭いけど、奥には広いバックヤードがあります。

書店には、バックヤードやアウトリビングの雑誌がいっぱいありました。

土地に余裕のあるこの国ならではですね。

こちらのバックヤードも拝見したい!

 

 

 

 

スチールブルーの外壁

日本だと陰気に見えそうな色だけど、

日差しの強いここだと 落ち着いてて実に気持ちが良い。

植栽と番地のプレートが利いてますね。

いいですね~ インテリアも見せて欲しいですね~

 

 

こちらはモノトーンで

アイアンレースのお陰でしょうか?

きつい印象にはなってませんね。

 

 

ワーフに近い、船舶を思わせるお宅

アールのバルコニーとグレーのライン、その上のシンプルな手摺りが決め手ですね。

 

 

 

緑かなり多めのお宅

つい、湿気と蚊が気になってしまいます。

あ~でもあの木をかき分けてお邪魔したい。

 

 

 

あぁ・・・ 時間切れ。

帰る時間だわ。

また次回までのお楽しみ。

また違うエリアの気になる通りを攻める日までのお楽しみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに今回のシドニー旅行は友人の結婚式参列のためでした。

高1の留学から、かれこれ%&#年が過ぎました。

 

かつてのホームステイ先の子供と結婚することになった友人は、

その家の広いバックヤードに大きなテントを張って、 大勢のパーティを開きましたとさ。

 

 

 

 

私もブライズメイドとして大役を果たし?

かつての友人や家族とも再会を果たし、

とても感慨深い時間を過ごしました。

 

 

大役を果たしていたので、お見せ出来そうな写真は ↓ これぐらい

晩餐は地中海料理でした。

 

 

 

 

 

 

 
職業病とは、
1 職業の労働条件・環境などによって起こる障害。
騒音による難聴、手を使うことによる頸肩腕(けいけんわん)障害、
化学物質を扱うことによる中毒など。
2 俗に、ふだんから出てしまう職業上のくせや習慣。
(goo辞書より)

 

 

 

 

 

スタッフ 谷

投稿者: ALLSTAFF 日時: | パーマリンク |  ブログ