プロフィール

アーキテクチャーリンクライフ㈱
(通称:ALL)
天然の素材にこだわり、夏涼しく冬暖かい、高耐震性・高耐久性の注文住宅『ALLの家』。
京都・大阪・兵庫など関西を中心に完全自由設計・責任施工・アフターメンテナンスを手掛けています。
ALLを支えるスタッフが日常を気まぐれに綴っていきます。

篠田 潤
篠田 陽子
永友 達也
光富 宏治
谷 帆奈美

  • facebook
  • twitter
  • RSS

篠田の視点

アーカイブ

検索

ブログを検索:

2013年3月4日

きもちいっぱい ごちそうさまでした

みなさんお食事に行かれた時によく

 

 

『ちょっとお塩が・・・』 とか

 

『もうちょっとみりんを足せば・・・』 とか

 

『あ、これは鰹だしだね・・・』 とか

 

 

食べただけで材料とか調味料分かる方いらっしゃいますよね。

 

 

 

ちなみに僕はというと

 

 

 

 

 

もちろんぜんっぜんわかりません!!

 

 

 

 

 

いわゆる『舌バ○』というやつでしょうか

 

スタッフみんなでご飯に行くときは

 

『お前は何食っても うまいうまい やろ』 と

 

いつも社長に言われています。。。

 

 

 

けどなんでもおいしく感じられるので・・・

 

 

 

僕は自分の舌が大好きでーーす!!!(←なんのこっちゃ)

 

 

 

 

 

 

ということで今日はお食事ネタです。

 

 

 

 

昨日はお休みでしたのでお昼どうしようかな~と思ってたら

 

 

 

 

あ、うどんが食べたいかも

 

 

 

気づけば歩いて5分でいける『山元麺蔵』さんにたどり着いてました。

 

 

 

けど

 

 

げげ。。。

むっちゃくちゃ並んでる。

さすがあの食べログで平均点4点以上というハイスコアをたたき出すうどん屋さん。

ただじゃ入らせてくれません。

 

 

 

けど5分かけて歩いてきたし待とう!

 

この時点で完全になめてかかっていました。

 

 

 

11時15分から立ちっぱなしスタート。

 

 

 

 

 

10分経過

全く進みません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

30分経過

そろそろ限界ですがここまで待ったのを無駄にしたくありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

60分経過

寒くて足の先の感覚が無くなり始めます

 

この時

 

『俺は今一体何をしてるんだろう・・・』

 

というひどい焦燥感にかられますが決して負けてはいけません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

90分経過

さっきの気持ちとは裏腹にここまで待ったことに自信と誇りが湧き始めます

 

『ここまで来たぜ!』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

110分経過

お店の扉を目の前にして食べる前に涙があふれてきます。

あまりの待ち時間で心が折れる直前だったせいか

本来『食べてゴール』のはずが『たどりついてゴール』に気持ちがシフトしてしまっています。これは重症です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

120分経過

やっとカウンターに座れます。

 

 

 

もう 『なんもいえねぇ』

 

 

 

です。

 

 

 

 

ここまで待ったから悔しいので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うどん屋さんで瓶ビール大 (お昼からすみません・・・)

もちろん『2時間おつかれ!』の乾杯です

 

そして140分経過

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豚みぞれうどん!!

 

ん~待った時間も手伝ってなのか と~~~~っても美味!!!!!

 

だしの味とか何が入ってるかよくわからないけど美味しい!!!!!!!

 

 

そして食べ終わった後はお店は満席なのに関わらず

 

ホールのお姉さんはもちろん調理してるお兄さんたちまでレジまで来てくれて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『大変お待たせして申し訳ありませんでした』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやいやあなた達が悪いわけじゃないんですけど・・・という気持ちを内に

僕も気づけばいつもの『ごちそうさまでした』より頭が深々と下がっていました。

 

 

 

 

どんなに人気になっても評価されても驕らず来て頂いたお客様一人一人に感謝の気持ちを忘れない。

なんだかうどん食べた後に少し恥ずかしい気持ちにもなりました。

 

 

うどんを食べるお客さんに比べるとはるかにHOPのオーナー様の方が少ないのですが

果たしてそれが満足のいくレベルまで僕自身達しているのかと。

 

 

2時間も待って、ただうどんを食べただけだと思っていたのですが

得られたものは満腹以上の経験でした。

 

 

 

 

 

 

 

おなかいっぱい  きもちいっぱい

 

 

 

 

 

 

 

お腹も心も満たされた日曜の昼下がりでした。

伊勢

投稿者: ALLSTAFF 日時: | パーマリンク |  ブログ